オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊ルパンレンジャー』第50話「永遠にアデュー」 見た感想

もちろんネタバレありなんで、先にみてね。

 

 

咲也の「2年前に出会っていれば……」という台詞が印象的でしたね。

圭一郎先輩も以前に魁利くんへその感情を吐露していますが、パトレンジャーたちの「(大人として、警察官という職業として)辛い決断をさせてしまった」という気持ちがよく現れた言葉だと思います。

 

それに対しての初美花ちゃんの「今会えたからいいところ見つけられたんだよ」てな台詞が対応していて、この決断を後悔してないんだぜって気持ちが現れているのもまたよかったです。

 

 

虎穴に入らずんば…でドグラニオ様の金庫内でザミーゴとの決着をつけたルパンレンジャー。

「トリガーマシン」は金庫の施錠ができるっていう設定がここにきて出てきましたが、ダイヤルファイターとトリガーマシーンって厳密には違うものだったんですね(すっとぼけ)

確かにダイヤルファイターはダイヤル付いてたね。いまこのブログを書いてて思い出しました笑

 

「ザミーゴ」VS「ルパンレンジャー」

「ドグラニオ様」VS「パトレンジャー」

が最終決戦になったわけですが、これもまた今回の戦隊が「VS」であったことを強く意識させるものかなと思います。(来週みんなでドグラニオ様倒すけどね)

正直ザミーゴだってパトレンたちの援護があって最後にルパンレンジャーたちがどーんと持っていったって50話まで来てしまえばいいわけですが、

「大切な人を取り戻す」という個人的な理由で戦うルパンレンジャーと、半径2kmをぶっ壊す悪党から「平和を取り戻す」という使命でで戦うパトレンジャーはそうじゃないんだよ〜的な。

 

40周年のジュウオウジャーと35周年のゴーカイジャーが出会ったあの2話もそうですが、同じ「戦隊」でも何の目的で戦うのかが違えば持つ印象がぐっと違うってのが戦隊をシリーズで追いかけてきた大きなお友達だけがわかる特権ですね。

 

 

あとはあれね、ザミーゴに招き入れられるシーンで、倒れてるつかさ先輩のふともものタイツすっけすけのところ。ほんますこ。つかさ先輩だけヒュウガ兄さんみたいな感じで次のリュウソウジャーにも出てください。