オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

『劇場版名探偵コナン 紺青の拳』感想 評個人的には結構好き。

ここ数年、コナン映画は欠かさず観ているので、今年もきちんと観に行きました。

キッドが出てくるということで期待と不安でどきどきでしたが、京極さんも一緒に出る時点で評価のハードルがだいぶ下がってるので、ちょっと肩の力を抜きつつ。

 


以下、備忘録的なネタバレ感想です。

 

 


キッド映画にしてはよかったのでは

業火の向日葵以来のキッドということで、今回もあんまりなのでは?と巷でうわさされてましたが、個人的にはまあ良いのではないかなと思いました。

私としては、鑑賞済みコナン作品の中で戦慄の楽譜が一番ちょっとなぁという感じなのですが、それに比べたら全然面白いです。(戦慄は途中で犯人がわかるくらいミステリ要素が甘かった)

まあ、京極さんがメインキャラになった時点でミステリー要素は排除されるだろうなあと思っていたので、ハードル自体めちゃくちゃ低かったのですが、それでも、それなりに推理する場面があったのがGOOD。

キッドが全面的に出張ってるのも珍しいし、キッドファン的にはひとまず満足です。

 


普通の人・園子

園子お嬢様は鈴木財閥のご令嬢でいらっしゃるので、お金の使い方は庶民の感覚からは外れているんですけど、事件に遭遇したときのリアクションについては、コナン界では数少ない普通の感覚をお持ちなんですよね。

京極さんと悪役が戦うシーンで全力で悲鳴をあげているのをみると、なんだかホッとします。

コナン界では事件やら何やらに対して慣れてしまっている人が多いので、これが普通の感覚なんだよね、と安心できました。

 


京極さんの登場による肉体強度の向上

他の劇場版より、キャラクター達の肉体強度が上がっているな、と。

キッドなんて普段はそんな武闘派じゃないのに、京極さんから何とか逃げおおせてましたし。

それに京極さんの試合の対戦相手とか、あれだけ吹っ飛ばされてたら天へ召されてるはずですけど、生きてはいましたからね。

クライマックスの大仕掛けとか、あれ普通だったらみんなで天へ昇ることになると思うんですけど、肉体強度が向上してたからなんとかなったのかな、なんて。

 


蘭ちゃんは新一が好き

蘭ちゃんの新一への想いがたまらんキュンキュンさでした。

最後のオチを知ってから、劇場本編におけるそれまでの二人のアレコレを思い返すと、新一を想うからこその蘭ちゃんの行動だったんだな、と思ってにやにやします。

付き合ってからの蘭ちゃんと新一なんだなぁと思うと、幼稚園の頃から二人を見続けた私としてはグッとくるものがあります。

 


全体的に、結構面白かったなぁと思います。

アクションすごかったので、観ていてストレス発散されました。

前作と比較すると、そりゃあねぇという感じ。

今回はキッドと京極さんという異色の組み合わせを楽しめればそれで良いのです。

次回は赤井さんのようなので期待大。