オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

高橋留美子先生の最新作『MAO』第2話感想

f:id:pisuke9190:20190515225507j:image

 

今週のサンデーも、続きが気になって買っちゃいました。


サンデーの表紙はリュウソウピンクでしたね。グラビアも載っていたのでラッキーな感じです。リュウソウピンクは歯並びめちゃくちゃいいですね…。


ということで、以下は『MAO』第2話のネタバレ感想になります。

 

 

 

 

*****

 

 

 

魚住さんのスムージー

 

おじいちゃん曰く、薬だそうで。

妖怪モード?の菜花ちゃんを見て思うところがありそうな表情をしていたおじいちゃん。

もしかするとスムージーが妖怪化を抑えてたり?

まあ、単なる健康食品的なものなのかもしれないですが……。

 

 

 

犬?のお巡りさん

 

目玉のギョロリ感がたまらんですね!

あと体のアンバランスさもいい感じです。

妖怪サイズの頭と、人間サイズより一回り大きい程度の下半身。

すっごく動きづらそうなのにズボンをきちんと履いているのは、再度人に擬態したときのためなのかな?と思ったり。

まあ倒されちゃいましたが。

 

 

 

やっぱり蠱毒だった!

 

カマキリの妖怪を入れていたツボ、やっぱり蠱毒を作ってたんですね。

なんで作ってるのかはまだ語られていないですが、摩緒くんは陰陽師ということで、何かの儀式的なものに使うんでしょうか。

それとも倒すべき敵・猫鬼との戦い用に育ててるんですかね。

ナゾな感じです。

 


菜花ちゃんが遭遇した妖怪

 

尻尾みたいなのが生えてましたね。

もしや猫鬼……?

猫の蠱毒が猫鬼ということなので、猫又でもおかしくないかもしれません。

菜花ちゃん、憑かれてるのか呪われてるのか……。

先の展開に大いに関わってきそうなので、ドキドキです。

 

 

 

*****

 


謎が解けたり深まったりな第2話でした。

まだまだ物語の序章ですからね、展開が気になります!