オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

『世界一初恋 小野寺律の場合』15巻感想

 

5/1に発売された『世界一初恋 小野寺律の場合』15巻・特装版の感想です。

以下、15巻および小冊子のネタバレしてますのでご注意を!

 

 

 

 

 


14巻の答え合わせ


14巻『小野寺律の場合』no.28 の111ページに描かれているシーン。

「ーーああ そうだ この瞳は あのときと同じ瞳だ」

嵯峨先輩と高野さんの眼差しについて、律っちゃんが言及します。

ひどく辛そうな表情の高野さん(嵯峨先輩)ですが、その理由が15巻で描かれました。

それが『高野政宗の場合』です。

嵯峨先輩は『期待すること』を諦めていたし、『期待され』たくもなかったのです。

尚に告白された律っちゃんに対して、高野さんは『好きと言われる』(=付き合う)ことへの期待を諦め、ただの上司と部下として振る舞うことにしました。

けれど、律っちゃんがとる『期待させるような』行動に翻弄されます。

勿論、律っちゃんのそれはたとえ具合が悪いときの無意識下の甘えみたいなものであっても、恋心を自覚し、想いを伝えたいと自発的に思えるようになったからこそ行われた行動であって、高野さんを意図的に翻弄する意図はありません。

そして律っちゃんは、付き合ってどうするとか、ハッピーエンド(告白)のその先はどうなるのかとか、そういう『付き合った後のこと』(=期待)はもはやどこかへ行ってしまった状態で、ただ好きだと伝えたいと心を決めます。

律っちゃんのこういうところを、高野さん(嵯峨先輩)は好んだのでしょうね。

 

 

 

 

桜についての二人


『高野政宗の場合』75ページと『no.29.5』の157ページの、桜を見上げるシーン。

このシーンにおいて、桜は相手のことを想起させるアイテムとなっています。

二人の状況が対になっているように感じられて印象的でした。


高野さん(75ページ)

状況:夜、一人の帰り道。桜を見上げ『期待することを諦めた』眼差しをしている。

セリフ:「早く とっとと早く 早く 忘れたい」

→目を逸らさず桜を見つめている。忘れたい、なのでまだ忘れていない。

→心を許せるのはソラ太と横澤さんだけ。仮初の彼女に対しても期待されることを拒む。

律っちゃん(157ページ)

状況:イギリス留学からの帰国後、杏ちゃんとショッピング中。杏ちゃんに促されるように桜を見上げ、目を逸らす。先輩のことを思い出したときのアンニュイな表情を浮かべていて。

セリフ:「嫌な事はもう忘れて 嫌いだった自分も全部忘れた だからもう 大丈夫」

→忘れた、大丈夫、という言葉とは裏腹に、表情は先輩を忘れられていないことを示す

→尚やクラスメイト、杏ちゃんたちが周りにいてくれて、閉ざしていた心が以前のように柔らかくなった。


さて、ここで1巻を思い出してください。

『小野寺立の場合1』NO.1 67ページの高野さんのセリフに「どんな恋愛しても俺はお前が忘れられなかった」とあります。

忘れたい、と思いながら結局忘れられなかったわけです。

だからこそ、高野さんの想いは強くて、律っちゃんの話を落ち着いて聞いていられないくらい感情的になってしまうんだなあ、と。

読めば読むほど高野さんに感情移入していくので、新刊やエメラルドの最新話を読んだタイミングで改めて既刊を読み返してみると、また違った思いで読み進めていくことができます。

 

 

 

表紙について


桜の花びらが舞い散るなかで二人は向かい合って、というイラストでした。

今までの表紙は、『高野さんのスキンシップに驚いたり戸惑ったりした表情の律っちゃん』がほとんどでしたが、15巻は通常版・特装版ともに違いました。

二人の恋人の時間を覗き見してる感じのラブラブさ…!

そして、覗き見されてることに気づいた瞬間みたいな律っちゃんの表情!

0日まで一か月を切ったということで、かなり恋人っぽい二人です。いや、まだ付き合ってないんですけど。

あと個人的には、特装版の『桜の花びらが舞い散っているなかでの二人』にぐっときました。

本編中(高野政宗の場合およびno.29.5)、二人は桜に対していい感情を持っていません。

桜は、忘れたい相手であるお互いのことを否応なく思い起こさせるからです。

それが、15巻特装版の表紙ではこんなに穏やかな表情を浮かべられるようになって……。

律っちゃんの積極的な仕草もとても素敵ですけど、桜の中での表情の変化がすごくよかったです。

 

 

 

特装版小冊子について


高律さ、やってることがもうカップルじゃん……。

なんで付き合ってないの???

尊すぎて頭を抱えざるを得ない内容でした。

15巻について散々真面目に感想を書いてきましたが、語彙力が宇宙へ飛んでいくレベルの内容です。

読んで!!!!!

そして高律はさっさと付き合って!!!!


ちなみに、高律だけじゃなくてトリチアと雪木佐のエピソードも楽しめます。

アミューズメントパークへ行く、というのは同じなのに、各CPによって全然お話が違います。

雪木佐は雪木佐らしいし、トリチアもすごくトリチアっぽいです。

15巻には桐横のエピソードが掲載されてますし、特装版を買えば全CPのお話を読めちゃうってすごくないです???

個人的にはトリチアを読めたのが嬉しかったです。

カバー下+小冊子で満腹です……。小説も新作出てくれないかな。

 

 

 

 

 4月30日に出たエメラルド春の号の感想はこちら!

pisuke9190.hatenablog.com

 

 

 15巻の続きはこちら!

pisuke9190.hatenablog.com