オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

漫画『やれたかも委員会』4巻 感想 可能性の獣に飲み込まれる前に

 夫婦でブログやっててなんなんですけど、私(夫)の心は今も童貞です。

このことを私は『精神的童貞』と呼んでいます。

検索するとnote等で言及している人もいるみたいですけど、とにかくこの前置きで話をしておきたいのは、

童貞は行為の有無で卒業できるものではなく、精神的にも何か門を潜らなければならない、と私が思ってるんですね。

多くの方にとっては、RPGで例えるならば、「次の世界へ行く門がここにあるのは確認したが、鍵がない」という状況で肉体的に卒業することで(鍵を手に入れることで)、童貞門から外へ出ることができると思うんですが、

私をはじめ、精神的童貞の人はこうではないでしょうか。

「鍵は手に入れた、しかし門がいまだに見つからずさまよい続けている

または、

使っていない鍵があるのにもかかわらず、門から外へ出られてしまった

といえるかと思います。

 

『やれたかも委員会』4巻は、シリーズ初の長編で、277頁にわたって一人の童貞の話を描き切っています。

 

今作の主人公である寺河内くん、彼もまた私のように精神的童貞の一人でしょう。

彼はどうしたらよかったのか、今回はそこに迫っていきたいと思います。

 

以下すべて童貞の与太話(作中の出来事に言及するのでネタバレあり)

 

結論から言うととにかく買って読め。

 

やれたかも委員会 4巻

やれたかも委員会 4巻

  • 作者:吉田貴司
  • 発売日: 2020/05/12
  • メディア: Kindle版
 

 

 

「童貞の恋のメカニズム」について

作中において、寺河内くんは、童貞が恋をするとき、好きになる人というのは、対象人物(A)ではなく、自身が作り上げたAに類似したA’であるという発見をします。

私たちが私たちであるがゆえに、意中のAと接近することができず、しかし脳内においてA’との物語は生産され続け、(作中でも悪いクセとして言及されていますが)、何かの結果を出そう、AとA'の解離を埋めようとして突然告白してしまう…

 

はい、この話はもうやめっ!(血の涙)

 

 

日野先輩とはやれたのか?

僕はやれたと思います。

しかし、同衾の時点ではその後の女史がおっしゃる通り、既にアウト判定だったでしょう。

時間切れ。

 

ではどこだったのか? どこでOKだったのか?!

日野先輩にボロアパートに招かれた直後、

「もうすぐ筧くんが来るかもしれないよ」

 

この台詞の時点でしょ! 寺河内くん自身もわかってたはずです。

これが、「来ちゃうかもしれないからだめだよ」という予防線ではなく、

「ここでボタンを押せ!」 の合図だったということを!!

 

この話の身にささるところって、同衾中に、俺が先輩の(精神的な)支えになる!

って決心して手を出さないことを正当化してしまうところ。

何が苦しいって、オタクの恋愛の教科書である漫画ゲームアニメって往々にして

「ワイがこの子の精神的な支えになるんや!」が正解ルートのように描くこと多いですよね。

自分の中に潜む「可能性の獣」が、この創作物の成功例を牙として、リアルの失敗に食らいつくんすよね。

だから、ことが起こりませんでした、ではそれをエサにして可能性の獣が巨大化してしまうんですよ。

いや、もうここまで書いてて筆者自身もつらい。

 

The Beatles 『Norwegian Wood』から見る、諦め方

ちょっと話は変わりますが、ビートルズの『Norwegian wood(this bird has flown)』(邦題:ノルウェーの森)をご存じの方はいらっしゃいますでしょうか。

村上春樹の『ノルウェイの森』もこの歌から来ていると言われています。

この歌もやれると思って女の子の家に行ったら結局やれなかったという歌です。 

一説にはジョン・レノンの不倫の歌とも言われていますが…

この歌の歌詞と今回の話、よく似ているんですよね。

 

曲の「She」も、「日野先輩」も

「明日仕事があるから」という言葉でとどめを刺してるんですよ。 

この前の段階、曲も漫画も「酒を飲み切ってしまう」のがもはやフラグなんですよこれ、きっと。

たぶん飲み切らなければ・・・

 

日野先輩をどう忘れるべきだったのか

忘れられません(断言)

 

ここまで来たら最後まで『Norwegian wood』と添い遂げたいと思います。

曲では風呂場で寝た「私」が朝目覚めると彼女は既にいなくなった後でした。

そして「私」はその家に火を放つんですね。

寺河内くんもこれに習うべきだったのではないでしょうか。

もちろん、ボロアパートにlet a fireするのではなく、概念的にです。

諦めるためには、何か禊をしなければならなかったはずなんです。自らに痛みを伴う禊を。

 

 

日野先輩にlet a fireするタイミングは何回もあったんです。

登戸に越してきた先輩の家に突然押しかけたら誰かいた気配がしたときとか、

同期の安田君が「俺、日野先輩とヤったぜ」と自慢してきたときとか

あの時の不条理からくる悲しみのやり場を日野先輩'へ向ければ終わってたはず。

それが、その火の熱こそが、自らに巣くう可能性の獣を退治できる最後のチャンスだったんだよな…

 

皆さんは、皆さんの心の中にかつていたであろう、皆さんの日野先輩'にどうlet a fireしましたか?

 

最後に

これ、正解は添島先輩ルートじゃないっすか?

最後、200万画素のデジカメで二人で自撮りしたのが、添島先輩としてのlet a fireなのでh

(筆はここで途切れている。おそらく書いた本人がこれもまた童貞思考の生み出した産物ということに気づいてしまったようだ…)