オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

MENU

『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊』感想

今年6本目の映画です。 アマプラにて視聴。

 

 

 

 

ジュウオウジャーもニンニンジャーもリアタイ視聴して全話完走しました。

ジュウオウジャーは王道の面白さ、そして1999回・2000回放送でのジュウオウVSゴーカイ…!

ニンニンジャーはギャグ一辺倒の中に客演が散りばめられていて、特撮の絆を感じる作品でした。(ニンニンジャーってあんまり真面目に戦ってる印象なかったから、今作で再生怪人に苦戦してるのなんか新鮮だった笑)

 

以下、ネタバレ有りの感想。

でももう5年近い前の映画だからネタバレもクソもないでしょ!笑

 

 

 

 

一番印象的だったのは、なんと言ってもジュウオウイーグルの大和君がトラブルメーカーに四方八方を囲まれていて、文字通り踏んだり蹴ったりという扱いで涙を誘った笑

 

(このブログでも感想を書きましたが、数年後、『スーパー戦隊最強バトル』でも猪突猛進系ヒーローに囲まれてしまうのが笑える) 

 

pisuke9190.hatenablog.com

 

 

なんだかんだいって大和君本当に安定してるから、その存在にほっとしますね。

今後も40周年記念作品のレッドとして活躍していってほしいところ…

 

 

一年やり切ったのでこなれてる先輩戦隊のニンニンジャーの皆さんもそういった意味では安定してボケまくりでgood。

相変わらずシロニンジャーの風香ちゃんのEDダンスがキレッキレで面白かった。霞ねえがお上品に踊ってるのを見ると、風香ちゃんのキレがまた目立つね。

 

 

天晴の子どもが忍術で過去へやってきて、二戦隊がつぶし合うことでスーパー戦隊の歴史が消えてしまうのを防ぐ、ってのがあらすじですが、

この展開、ベタながら好きです。

 

戦隊とライダーの違いって、先輩ヒーローの扱い方だと思うんですよね。

戦隊は先輩方に向かってのリスペクトがまっすぐな感じ。縦の関係といいますか、先輩は後輩を敬う関係性があります。(だからこそ、それを打ち破ったゴーカイジャーが面白かったわけで)

一方のライダーは、先輩ってよりは仲間、横の関係かな?

今回のように「レジェンドのレッドからエールをもらう」っていう設定はもうちょっと色濃くだしてもよかったのでは? と思います。

せっかくレッドファルコンの嶋大輔に出てもらったのだから、彼が変身しないにせよ、レッドファルコンが戦うシーンが一瞬でもあればよかったのにな~と。

 

天晴→快晴とせっかく受け継ぐ 設定を作ったのだから、そこは惜しかった!

 

かといって、from スーパー戦隊を意識しすぎると、話が取っ散らかってしまうし、当然バトンを渡す後輩センター(この映画でいえばキュウレンジャー)も大事ですから…

しゃーないか。

 

いや、でももったいなかったな笑