オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

寒河江市慈恩寺への旅 『男はつらいよ 葛飾立志篇』の舞台を訪ねて

夏に寅さんの姿を訪ねて、山形県寒河江市慈恩寺に行ってきました。

 

www.cinemaclassics.jp

記事の後半で、慈恩寺へのアクセス方法にも触れていますので、ぜひお読みください。 

 

この記事を読まれている方は少なくとも映画を見た方だと思うので、あらすじとかは省きます笑

詳しくはリンク先の公式HPを見てほしいんですが、

寅さんの隠し子騒動(隠し子の女子高生役は桜田淳子)の一件で訪ねたのが寒河江です。

んで、慈恩寺というのは、寅さんが行き倒れそうになったところを助けてくれた女性、雪さんが眠るお寺の舞台として使われています。(埼玉県にも慈恩寺はありますが、山形県寒河江市です!)


f:id:pisuke9190:20190922204415j:image

 入口。


f:id:pisuke9190:20190922204312j:image

 立派な門。映画では寅さんが門の出たところを歩く場面があります。


f:id:pisuke9190:20190922204448j:image

映画ではお坊さんがゴーンと鐘をついていました。


f:id:pisuke9190:20190922204518j:image

寅さんが歩いた坂です。 慈恩寺の門よりも少し奥に行ったところにあります。


f:id:pisuke9190:20190922204247j:image

うおおおーーー!!!! これにはかなり感動しました。

当然座りましたよ。 座った先にどんな景色が見えるのかは、自分自身の目で確かめてくれ!(Vジャンプの攻略本)

 


f:id:pisuke9190:20190922204348j:image

 

この階段、この『葛飾立志篇』のハイライトシーンともいえる

寅さんが自分を亡くなった雪さんに重ねて、学のなさを悔やむ気持ちを住職に吐露するシーンで使われている、あの階段です。

「師曰く、朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり」は名言ですね。

 

 

私が行ったときは、住職の方がものすごく親切にお寺にある数々の国宝級の仏像を紹介してくださいました。

「作りかけといわれる仏像」や「見透かされている仏像」などなど、撮影禁止なのでもちろん写真はないんですけど、必見です。

もっと勉強してから訪れたらもっと面白かっただろうなぁってすごい後悔しました…

 

こっからがこの記事の本番です笑

 

慈恩寺への公共交通機関でのアクセスを書いておきます。

電車+タクシー(or徒歩)

山形駅から左沢線(あてらざわせん)に乗って、羽前高松駅で降ります。そこからタクシーで10分ぐらいです。料金的には1100円ぐらいでした。

左沢線羽前高松駅の二つ手前の寒河江駅から本数がガクンと少なくなるので、(日中3時間ぐらいあいてる)寒河江駅からタクシーもありだと思います。

歩くと20分ぐらい。 ちなみに歩くと後述するマックスバリュを逃すとお店は慈恩寺の駐車場に併設されている物産展的なものしかなさそうなので、夏は注意してね。

 

タクシータクシーって、他にないの? と思われたあなた!

ないです。

もっというと、羽前高松駅は無人駅なのでタクシーも普段止まってないので、山形駅を出る前に電話して呼んだほうが賢明です。(と、寒河江駅の観光案内で配ってあったチラシに書いてありました)

寒河江タクシー中央タクシーがエリアみたいなので、お好きなほうでどうぞ。

 

電車+西川町路線バス(道の駅にしかわ寒河江駅線)+徒歩

慈恩寺のHPにも掲載されていない、ある程度実用的なルートです。

町民の方へ|生活情報|路線バスの運行について

寒河江駅から高松駅前角というバス停で降りてから歩くと、駅からよりもちょっと近いです。

寒河江駅~羽前高松駅は左沢線とこの西川町路線バスを使えば、本数もバス分増えますので、一考の価値ありかと思います。 

 

バス停はこのマックスバリュ高松店の道路わたって向かい側ぐらいにあります。

(ちなみにこのマックスバリュ、休憩スペースもあるのでバスを待つのには便利です。ただし、国道の交差点はなかなか変わらないので余裕をもって)

私はマックスバリュでのんびりしすぎて、バスの時間に遅れて結局乗れなかった

(バス停の前で立ち尽くしていた)ので、だれかレビューお願いします笑

 

他にも、山形駅から寒河江バスターミナルを経由し、寒河江市役所前あたりを通る

山交バスの、 山交ビル ⇒ 寒河江バスターミナル ⇒ 谷地・荒町南

もありますが、ちょっと慈恩寺からは離れすぎているので、非現実的です。

 

慈恩寺に最も近いバス停としては、同じ西川町路線バスの羽前高松駅・県立河北病院線の高松口というのがありますが、平日の朝(地元の中高生が使うような時間)に1本しかないので、こちらも非現実的。

このブログの執筆時点では、山形駅0703発の左沢線に乗ると、西寒河江駅0739着で、バスが0755発なので、使おうと思えば使えますが…

 

なんでこんなにぎっしり書けるんだというと、バスに乗り損ねて、+40分ぐらい余計にかかってしまい、なんとか羽前高松駅から脱出する方法はないのか?! って調べまくったからです笑

 

慈恩寺一度行ってみてはいかがでしょうか。

写真撮り忘れたけど、三重塔も立派でしたよ!