オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

タイのBLドラマ『2gether』1・2話見た感想 これ絶対見て

巷で噂になっているタイのBL、『2gether』を見てみました。
結論としては「面白い」に尽きるんです。

2話見た時点で、いったん整理しておきたいよねってことで、初心者の夫と歴戦の妻で、感想を話してみたいと思います。


一応ネタバレあり。でも、この作品の面白さはネタバレしたとしても関係ないともいえる。笑

 

 

異色?「実写・BL・海外」ドラマ

妻:実写BLドラマといえば、日本だと『おっさんずラブ』『きのう何食べた?』があるけど、

それ以外はあんまりないなぁという印象だったから、

タイではこんな素晴らしいBLがやってるんです?!と思った。

 

夫:意外なところから面白い作品出てきたね。

海外のドラマって今までもあんまり見たことなくて、韓流ドラマ少し見てたぐらいなんだけど、海外ドラマって当然演者さんのことをよく知らないから、物語にすっと入っていけるよね。

日本のドラマだったら演者さんが番組宣伝でバラエティに出ることもあって、そういう作品を楽しむうえではノイズな情報があったりすんだけど…
ちょっといきなり変なとこから入ってごめん笑

いや~、フツーに面白いねコレ笑

 

妻:個人的には、実写BLでフツーに面白いってかなりすごいことだと思っていて。

先に挙げた日本ドラマだと、有名な役者さんを使ったりドラマ化作品を描かれてるような漫画家さん原作だったり、そういうレベルの作品だから「フツーに面白い」んだけど、

腐女子界隈で人気なBLマンガの実写化で「フツーに面白い」ものになるのってほんの一握りなんだよね。

チープな感じに仕上がっちゃって、全然ストーリー入ってこないみたいなことになっちゃって。
だから、『2gether』はお話も面白いし、画的にもチープさは全くなくて、素直に楽しめたな。

 

夫:実際最初はチープとは言わないけど、ギャグ系の話なのか? と思ってみてたんだよね。(コメディとしても面白いし)

 

妻:飲み物に眠り薬を入れちゃう感じとか、BL的王道展開でしたね!!コメディタッチに描いてたから危ない感じには全くなってなくて、さてさてどうなるかな??と思いながら見てしまった。

 

夫:眠り薬ってBLだと王道展開なの? だからアノ先輩も… あっ…(察し)

 

妻:…先輩はともかく、ふと気を失って目が覚めたら隣にはあの彼が寝ていて…?!みたいなのは王道だよね。勘違いから始まるラブですよ。
まあ、『2gether』の場合は公式CPじゃなかったから…。

 

夫:はえ~ まだ2話までしか見てないけど、他に王道のシーンとかってあった?

 

妻:偽の恋人だったはずなのに、気づいたら彼のことが気になってて…とかはモロに王道では?あいつのことなんか好きじゃない、と言いつつな恋ですよ。
いいぞもっとやれ!!!と思う。

 

夫:BLとしての王道展開は一体何が元ネタなんだろうね笑

 

 

serawatさん、神々しい

夫:いや~ 攻め? わからんけど、sarawatさん、イケメンすぎワロタって感じ。
なんていうんだろう、sarawatさん登場から一気に話が盛り上がってきて、掴まってないとイケナイ! みたいな笑
ファンクラブの名前が「sarawatの妻」(直球)なの面白いし、ファンが暗躍して、デマ情報が流れてるとか隠し撮りが共有されてるのとかも笑える。
なんだかんだ主人公のtineのこと好きになってきてるんじゃね? って気もしてくるよね。
…自分で今書いてて当たり前のこと書きすぎでは? と思ったんだけど、BLドラマ初見勢なのでこのぐらいの感想以上はオーバーフローしちゃう。

 

妻:私は一切の前情報なしで観たんだけど、sarawatさん出てきたときになるほどこいつかとは思った。剣呑な雰囲気からのラブですよ。
ちょっと嫌なやつっぽさを出してたけど、tineをみて笑ってたりギターを貸してくれたり、確実にtineに対して特別な感情を抱いてる感じ。よい。

 

夫:序盤のサークルの自己紹介の場面よね? 笑うのも好意の表明なんですか?

 

妻:だってsarawatさん不機嫌そうな顔ばっかしてたでしょ!

ファンの女の子には微笑みかけもしなかったのに、tineくんの全力自己紹介には笑ってたじゃない。好意でしかない。

 

夫:…確かに。そういわれればそうだけど、鑑賞の仕方がわからなすぎてピンと来てなかった笑


とにもかくにも、これは視聴続行まったなしなのは間違いないです。
BL? タイのドラマ? って敬遠しないでぜひぜひ見てほしい!

性別関係なく面白く見れると思います。


夫:最後に… 軽音部の書記のお姉さんかわいいから好き