オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

MENU

漫画『僕の心のヤバイやつ』1巻 感想 あったよなぁ、こんなこと

買ってからしばらく積読していたんですけど、今回やっと読みました。

 

 

 

 

主人公、市川とヒロイン山田の関係性、なんなんだこの「距離感」は!

って感じがこの漫画の醍醐味ではあると思うんですけども、

一番この漫画で好きなのは、市川がクラスメイトの男子とクラスの女子を肴に猥談ばっかりしているってところですかね。

振り返ってみれば、私もよく友人とおんなじことを同じ年頃の時にずっとしていました。

思い起こせば山田たちのように女子同士でナゾにいちゃいちゃしてるやつとかいましたよね。

そしてそれをガン見している私たちも同じ空間に確かに存在していたわけです。

(私の友人のコバヤシ君が足立ポジションでした。コバヤシ君、成人式以来会ってないけど元気にしてるかな…)

 

 

 

1巻の最後で、市川が山田に対するモヤモヤの正体に気づくわけですが、

モヤモヤの正体がわかってきちゃうと、なんか変わってくるんだよなって振り返って思います。

小学校高学年の時って、クラスの女子を肴にして喋りたいんだけど、「そういうこと言う奴はダメ」って雰囲気ありましたよね。

でも中学生になると肴にして話すのはOKになったような。

次のレベルになると、(少なくとも陰キャ界隈では)「なんとかさんかわいいわぁ〜」と、今の言葉で言えば「推し」を公言できるようになるんですけど、

このレベルアップって、コミュニティ全体でクラスチェンジしないといけないと仲間内が変な感じし始めたりするんですよね笑

 

 

だからこそ、モヤモヤの正体にきづいてしまった山田は今後困りそう。

足立がレベルアップするのは、高校生を待ってからだろうなぁ〜笑