オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

劇場版『仮面ライダージオウ OverQuarter』 感想 「平成ライダー」とはなんだったのか

今日観に行ってきました。

ネタバレあり!!

 

 

 

 

 映画全体の感想

自分は仮面ライダーをちゃんと観たことがあるのは社会人になってからで、『スーパーヒーロー大戦』をホテルのVODで観たから興味を持ったっていうかなり横入りな感じなので大それたこと言えないのですが、

今回の映画は、「平成の仮面ライダー」とは、いろいろな形で存在していたのだ

という、そんな私も許容してくれるようなテーマだったと思います。

 

敵側のQuarterのライダーは『RX』や『J』『アマゾンズ』、そして会場が笑いに包まれた『仮面ノリダー』や、まさかの出演、『仮面ライダークウガ(漫画版)』

とにかく平成にいろいろな媒体で活躍した仮面ライダーたちが所狭しと出てきたのはめちゃくちゃ面白かったです。

特に『仮面ライダークウガ(漫画版)』が実写として出てくる大技が綺麗に決まっているのは「すげえ」の一言です。これだけでも観に行ってほしいかも。

 

仮面ライダークウガ(1) (ヒーローズコミックス)

仮面ライダークウガ(1) (ヒーローズコミックス)

 

 

冬映画が「みんなの心に仮面ライダーがいる」であれば、

今回の夏映画は「平成の世に仮面ライダーはいた」

ってところでしょうか。

 

私は平成生まれなので、Quarterの言っていた「平成ってボコボコでしょうもなくね?」という言葉については(それがもちろん、劇中でウォズに触れられていたとおり、ライダーの設定に統一性がない、ということだとはわかってはいますが)ちょっと心にくるものがありました。

平成生まれのヒトモノだけが吸い込まれていくシーンでは、あっ、私もだ〜 なんて思ったり。

 

また、バールクスのモチーフが『RX』であって、『バイオライダー』や『ロボライダー』もライドウォッチになっていたり、「リボルケイン!」の掛け声は(観たことはなくても)シリーズファンとしては「おぉっ」となりました。

これもオタクの一人としての単なる妄想ですが、RXが客演で出ても面白かったかもしれませんね。(本当の平成最初のライダーでしょうから)

 

仮面ライダーマッハ!!

はぁ〜〜〜〜 詩島剛、相変わらずかっこよすぎじゃありませんか?

本編終了後の立ち位置で出てきますが、チェイスのこともしっかり触れられていて、ドライブファン、いや、マッハファンとしては超goodでした。

追跡、撲滅、いずれも・・・マッッハァ!」

はぁ〜〜〜 かっけえわ。ジオウたちが名乗りにぽかーんとする場面がありましたけど、いやいや、かっこいいから!! とやきもきしました笑

夏映画は時間も短いので、あんまり活躍しねえだろうなぁと思ってたんですが、前半一回、後半一回ちゃんと見せ場があったのでよかったです。

ただ、せっかくドライブウォッチとマッハウォッチをもらったんだから、使えばよかったのになって気持ちだけは…!

竹内涼真ツイッターで久しぶりにライダーの関係者と会ったよ! みたいな話をしてたので、もしかしたら夏映画のようにサプライズ出演ありか?! と思ってましたけど、こちらは残念ながらなかったです。 

 

 

仮面ライダードライブ 変身ベルト DXマッハドライバー炎
 

 

 

 

ビルドの夏映画は本編に対しては余談だよな、って感じありましたが、ジオウ夏映画は作品の性質上、「どんな結末が待っててもアリ」っていうのがあるので、今回の映画は『仮面ライダージオウ』の一つの最終回の形かなとも思います。

 

もう一ヶ月後には『仮面ライダー01』も始まっちゃうわけなので、この「ジオウ最終回」を観て、平成の世にいたライダーたちの勇姿を改めてチェックするの、悪くないと思います。