オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

MENU

映画『パラサイト 半地下の家族』感想 これはアカデミー賞

今年1本目の映画です。金曜ロードショーで観ました。

 

アカデミー賞取るぐらいですから、劇場で上映されてたときからすごい評判でしたよね。結局見に行かずでしたが。

 

以下ネタバレありの感想。

 

パラサイト 半地下の家族(吹替版)

パラサイト 半地下の家族(吹替版)

  • 発売日: 2020/06/19
  • メディア: Prime Video
 

 

 

感想

名前の通り貧困世帯の家族が、上流階級の家族に入り込んで~っていうもはや説明不要ですけど、そんなあらすじ。

とにかく面白かった。

 

前半の成りあがっていく場面、嘘はついているがだましている訳じゃないのでセーフ理論でガンガン上り詰めていくのは見てて面白いし好き。

地下室の存在が明らかになってからの物語の舵の切り方が大胆で驚きました。どういう話になるか前情報なしだったので、CMになるたびに「うわぁ…どうなるんだろう…」と。笑

むしろドキドキしすぎて早く終わってほしかったというのもあったり。

 

 

 

富裕層と貧困層での大雨の対比、めっちゃキツいものがありましたね。

父親が「無計画でいることが計画で失敗しない方法だ」って言った後にラストのパーティシーンでしたから、突発的な行動と捉えられるように思ったのですが、

ミスリードじゃないかな、とも思ったり。

別にお父さんが富裕層パパに個人的な恨みや怒りがあったとは思えないんですけど、富裕層の生活を体験して、そして大雨で生活がめちゃくちゃになった、そして体育館からのパーティ会場

この激しい温度差の体験に爆発してしまったのかと。

 

その爆発は計画も無計画もない、でも無計画に「殺意」は湧いてこないわけで。

秋葉原で昔あった事件も、犯人には行為に至るまでの積み重ねがあったとその後報道されたこともありました。

 

みんなで大作を見ることの面白さ

放送中はネタバレ食らいたくなかったのでTwitterを見ないようにしてたのですが、放送後に見るといろんな人の解釈や、各シーンに散りばめられた解釈をみんなが語り合っていて、二度楽しめた作品でもありました。

オチのパーティーシーンで姉ちゃんだけ殺されちゃったのは嘘をついてた(彼女に美術心理学?的な才能はない)から、だとか、時計回り反時計回り(ソファーシーンじゃないよ)、縦線が描く貧富の分断だとか、ただただ感心するばかり。

 

やっぱりみんなで同じものを見てワイワイと感想を言い合うのも面白いですね。