オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

MENU

漫画『異世界ワンターンキル姉さん』1~4巻 感想

『異世界ワンターンキル姉さん』~姉同伴の異世界生活はじめました~

を知り合いに貸してもらったので、一気に4巻まで読んでみました。 

 

 

 

名前からわかるとおり、異世界にブラコンの姉、マヤと一緒に転生してきてしまい、弟(主人公)は能力値低いけど、姉はチート級の能力の持ち主で… という話です。

 

ストーリーとしては、モンハンタイプの感じ。

魔物やモンスターを退治して、少しずついろんなことに巻き込まれていくヤツ。 

 

 

 

姉以外にも属性を持つ魔王軍姉属性の女の子(主人公の仲間になる)、ドSなヒーラー、主人公に惚れたお嬢様と彼女に仕えるメイドさんと登場人物が4巻までで登場します。

 

魔王軍の女の子、キルマリアは姉キャラとして生きてますが、姉以外の属性のその他ガールズはいまいちかな。

特にヒーラーのドS少女は持て余してしまっている感じもある笑

 

異世界ものとしてはこんもんか~って感じですけど、

ブラコン姉漫画としては面白いです。

 

ブラコン姉漫画は世の中に数多あれど、「異世界だから…」って感じでマヤ姉が攻めてくるのがいい。姉万歳。

 

赤い髪の姉ならやっぱり世代的には「タマ姉」を思い出さずにはいられない…笑

 

 

 

 

 

 

1巻の発売が2020年の11月で、そこからもう4巻まで出てますから、結構サクサク進んでるもんですね~