オタク夫婦の「○○が好き」

20代オタク夫婦の語り場です。漫画・映画の感想がメイン。特撮と世界一初恋とBANANA FISHもアツい。そんな夫婦です。

高橋留美子先生の最新作『MAO』第4話感想

f:id:pisuke9190:20190607225919j:image

ケンイチのときからずっと思ってたんですけど、松江名先生の描く女の子キャラのお胸は、ホント色っぽいですよね!

爆乳は品がなくて好きじゃないんですけど、程よい大きさと形の美しさがとっても色っぽくて好きです。

でも下着を着けてなさそうなので、そこは着けておいたほうがいいよっておばさん思います。形崩れちゃうよ。

 


ということで、以下、ネタバレ感想です。

 

 

 

 


******

 

 

 

王道のミスリード

顔がない男の死体と、顔に包帯を巻いた主人。

明らかに犯人は主人でしょと思わせてくれるこの感じ、王道ですよね。

この王道感がいいんです。

切り裂かれた包帯からどんな顔が出てくるのかなと思いきや、蜘蛛の糸ですからね。

あー、やられた!って摩緒くんと一緒に悔しくなります。

楽しい。

 

 

 

蜘蛛女

女妖怪の狂気感が好きです。

蜘蛛女が若い男の頭をコレクションする感じ、めっちゃ狂気!

なんだろう、フィギュアを並べてニヤニヤ眺めるのと同じ感覚なんですかね。尊みを感じてるんでしょうか。

犬夜叉に出てきた逆髪の結羅も『綺麗な髪』オタク感ありましたけど、女妖怪たちのこういうヤバめなところすごい好きです。